現在の時刻

番組表

香港にて。

2014.09.17 Wednesday 12:55 PM

【番組紹介】

先日、反中国感情に揺れる香港へ取材で行って来ました。

 

この写真は、香港の民主派による反中デモの様子です。

 

100万ドルの夜景と言われる香港ですが、デモに参加した民衆の怒りによって

 

このように街が明るく照らされるとは。。。。。

 

 

 

1997年にイギリスから中国に返還された香港。

 

高度な自治が認められてきましたが香港の行政トップは事実上、

 

中国政府の意向で歴代選ばれてきたと言われています。

 

 

 

香港市民は長らく、民主的な選挙制度改革を訴えてきました。

 

今年の返還記念日である7月1日には、主催者発表で50万人規模の大きなデモが起きました。

 

香港の人口が約700万人ですから、いかに大規模だったかがうかがえます。

 

 

 

その活動を率いるリーダーの一人に、今年の9月から大学生になるという、

まだ17歳の女性ががいると聞き、彼女にインタビューすることになりました。

 

 

 

待ち合わせの場所に向かうと、そこにいたのはサラサラと流れる黒髪が美しい一人の女性。

挨拶をすると流暢な日本語を操ります。

 

実は日本の漫画やアイドルが大好きで独学で勉強したのだとか。

 

 

「特に嵐のニノ(二宮くん)が好きデス。カッコいいデスネ」。

 

 

化粧っ気のまるでないあどけない笑顔を浮かべて嬉しそうに話す姿は

どこにでもいる17歳の普通の女の子。

 

「女性活動家」というイメージだけで強い女性なのだろうと想像していた私は拍子抜けしました。

 

 


 しかし本題に入ると表情は一変。

 


 「活動を始めたきっかけは中国への愛国心を育てる国民教育の強制でした。

 

感情までをもコントロールしようとする姿勢に納得がいきませんでした」。

 

 

 

 

活動を始めてからは中央政府から電話を盗聴されるなどの圧力もあったと言います。

 

 

 

怖くはないのか?と聞くと、

 

 

 

「もちろん怖いですが、最後は民衆を信じるということです」。

 

 

 

まだ17歳なのに・・・・・。

 

胸が締め付けられる思いがしました。

 

 

締めくくりに、夢は何か?と聞きました。

 

すると

 

 

 

「自分の夢はありません。香港が完全に民主化されることが夢です」。

 

 

 

一点の曇りもない透明な瞳がとても印象的でした。

 

 

まだまだ人生これからの17歳。彼女の運命はどこへ向かうのでしょうか。

 

 

そして、揺れる香港の運命は・・・・・・。

 

香港を通して、今、そしてこれからの中国や世界経済も透けて見えます。

 

 


 世界に生きる人々のダイナミズムをお送りする毎週月曜日22時からの『未来世紀ジパング』。

 

 

香港特集の放送は、9月22日(月)の予定です。どうぞご覧ください。

カレンダー

最新のエントリー記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最新ブログ情報