別にカッコつけているわけでは・・・

2011.09.02 Friday 7:04 PM

【番組紹介】 > 【WBS トレたま】
WBS トレたまブログ

メガネ は正直あまり好きではありませんでした。

 

 

どれだけ店員から

 

「跡がつかないから」と言われても、

 

鼻の頭の辺りに、メガネの跡がついてしまう。

 

休みの日も、早朝出勤の日も、大抵いつもコンタクトを付けて出掛けます。

 

また、スポーツをする時もメガネをかけながらだと

 

思いっきりダイブ(フライングディスクをキャッチする時とか)ができません。

 

唯一、

 

メガネがトレードマークの徳島出身の歌手に似ている と言われた時だけは

 

「おっメガネも悪くないかもな」

 

と思ったこともありましたが、やはり敬遠していました。

 

 

 

今回(8月2日)のトレたまは、

 

そんな自分の苦手意識を「克服」してくれる ものでした。

 

 

手掛けたのは、ユニークなめがねをで有名なメガネブランド「JINS」。

 

でも、伺ったのは店舗ではなくて大学病院の施設でした。

 

そこで開発されたのは「眼の乾燥を防ぐメガネ」。

 

20年以上も前からドライアイの研究をしてきた眼科の名医との共同開発で、

 

ようやく 今月下旬に発売! まで辿りつきました。

 

 

見た目は、少しゴーグルぽいけれども、よくある「ふち眼鏡」。

 

重さは普通のメガネと全く同じ。むしろ一般的なものよりも軽いぐらいです。

 

 

 

 

近距離で写真を撮るのを忘れてしまったのですが、

 

メガネの両端に、親指くらいの大きさのポケットがあり、

 

そこに水を入れて目の周りの乾燥を防ぎます。

 

メガネのふちの上の部分が分厚くなっているので

 

水分が逃げにくくなっています。

 

 

かけてみて、正直すぐには変化は感じなかったのですが

 

近距離撮影のためにライトを近づけたところ

 

肉眼で確認できるぐらい、水が減っていたので

 

知らないうちに目の周りから水分が奪われているのだと、実感しました。

 

 

メガネは、

 

「目が悪い人が 視力補正のためにかけるもの」

 

一般的にはそういう用途としてつかわれることが多いですが、

 

JINS や 眼科の先生がおっしゃるには、

 

「目を守る」という観点でもかけることをオススメしている そうです。

 

そういえば、学生時代の部活練習で、先輩がサングラスをかけるのは

 

日焼けを防止するためだ と話していました。

 

目も日焼けをするし、メラニンを吸収しやすいのだと。

 

そんなわけないよ~! だなんて笑い流していましたが

 

ここにきて、ようやくその 意味 がわかりました。。

 

アメリカに住んでいた頃、

 

確かにみんなサングラスをかけていたのを思い出しました。

 

オシャレなためではなく、

 

「目を守る」という意識からもかけていたのでしょうね。

 

 

今回のトレたまも、度が入っていないものもあるので

 

目が良い方でもぜひ!とおっしゃっていました。

 

 

 

サングラスを出勤中にかけているのを見かけても、

 

別に格好付けているわけではないので誤解しないでくださいね!(笑

ワールドビジネスサテライト 番組サイトはこちら

AiET[J_[2018

カレンダー

最新のエントリー記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最新ブログ情報